ビームハイボール&肉料理!ローラも気に入った「渋谷ビームハイボール横丁」が期間限定オープン! #渋谷ビームハイボール横丁

タイトル

最近、ふらっと立ち寄った居酒屋でも、ちょくちょくメニューで見かけるようになったバーボンウイスキー「ジムビーム」

そのジムビームと、渋谷でお肉を食べさせる名店が揃った「渋谷肉横丁」が、期間限定コラボ企画として「渋谷ビームハイボール横丁」としてオープンします。

期間は2017年2月16日から25日までの10日間。「渋谷ビームハイボール横丁」全ての店舗で「ビームハイボール」にあう肉メニューを提供するとのこと。

オープン日でもある16日に「渋谷ビームハイボール横丁」発表会に参加してきました。発表会のメインゲストはなんと、ジムビームイメージキャラクターであるローラさん!

ビームハイボールと肉料理だけでなく、ローラさんのスタイリッシュな姿も拝見できる、三度美味しいイベントになりました。

スポンサーリンク

CMの世界観をリアルに味わうコラボ企画

店内2

ローラさんが出演するジムビームのTVCM、みなさんご覧になったことがありますか?日本のような、アジアのような、いわゆる“飲み屋横町”的な雰囲気を舞台にしているのですが、この雰囲気を味わいながら、ジムビームと肉料理を楽しむコラボ企画とのこと。

いいですねー、飲み屋好きな自分としては、たまらない企画でございます。

赤いドレスとピンヒールでスタイリッシュに登場!

実はローラさんが発表会に参加されることは事前に知っていたのですが、どんな格好で登場されるのかは知りませんでした。

取材陣

▲発表会には多数メディアの方々がずらりと!

発表会の時間になり、スタイリッシュな赤いドレスと高いピンヒールという格好につつまれたローラさんが登場!

ローラさん登場!

私達が座っていたテーブル席の中央通路を、ビーム“メガ”ハイボールのジョッキで乾杯しながら会場中央まで歩く様は、普段私が見ることのない芸能人のオーラをまとっていました。

大ジョッキと中ジョッキ

▲ちなみに写真右が通常サイズのビームハイボールで、左がメガサイズになります

司会はDJ TAROさん!

DJ TARO

▲参加者と一緒に記念撮影をされていました

ローラさんの相手役である発表会の司会は、J-WAVEでもおなじみのDJ TAROさん。ローラさんもステキでしたけど、ラジオ好きな私としては、生DJ TAROが見られたことも嬉しい誤算でした。

横町にも焼き鳥屋さんにも!

司会のDJ TAROさんとのトークが中心の発表会が始まり「横町には行ったことあるの?」とローラさんに聞くと、新宿の横町や焼き鳥屋さんのカウンターでハイボールを飲んだりしたことがあるとのこと。

ローラ

横町とか焼き鳥屋さんで飲んでいて、隣りにローラさんがいたらきっとドキドキするんですけども?(笑)

今回の「渋谷ビームハイボール横丁」のことを聞くと{提灯と一緒に写真を撮ってみたい!」と好印象だったようです。

ハイボールに合う料理を試食!

試食

そして今回「渋谷ビームハイボール横丁」で食べられる料理のひとつ、「肉天爆(ミート・テン・ボンバー)」という、肉団子を天ぷらにしたものをローラさんが試食して食レポをすることに。

肉天爆

取材陣と招待客の注目する中、ビームハイボールと一緒に美味しそうに食べてましたが…なんと、さきほど大きなパンを食べてしまい、お腹がいっぱいだとローラ節でコメントをすると、会場でどっと笑いが広がっていました。

ハイボールを作っています

その後は、招待客との質疑応答や「ハイボールをローラさんに作って欲しい」というむちゃぶりをお願いしたらあっさりとOKを出し、ローラさんが急遽ハイボールを作るという流れになって、楽しい時間はあっという間に過ぎました。

集合写真

お待ちかねの試食の時間!

料理がずらりと!

ローラさんのトークイベントも終わり、後半は「渋谷ビームハイボール横丁」でお出しする料理の中のうち6品を、ビームハイボールと一緒にいただいてきました。

そんなビームハイボールに合う料理をオススメ順にご紹介します!(ホントは山形牛A5炙り寿司もあったようなのですが、見過ごして食べられませんでした・汗)

【第6位】まえ川:牛タン塩ハム

牛タン塩ハム

まずは第6位は牛タンの塩ハム。タンをハム状にした贅沢な酒のアテですね!どどーんと盛りつけられた牛タン塩ハムのビジュアルは圧巻!

味の方は、食べるとほろほろとろける感じまで柔らかく、たしかに美味しかったんですが…これは日本酒の方が合いそうな感じ。ビームハイボールと飲み比べると、ビームハイボールに入っているレモンの味が強く出てしまい、マリアージュというという意味ではちょっとすれ違いな感じでした。

【第5位】鳥横:大山鶏のからあげ

唐揚げ

第5位は大山鶏の唐揚げ!ニンニクがきいていて、衣のサクサク感と肉の旨味がつまった唐揚げは確かに合うんですが、他の4品の方がそれ以上に合うというのと、個人的な好みなんですが、もう少し衣のザクザクっていうクリスピー感が高かったらいいなぁ…と。

でも、確かにビームハイボールとは合いますから、実際に食べてみるのがいいかと!

【第4位】BAKUBAKU:佐賀牛A5炙り寿司

肉寿司

第4位は焦げ目と照りがたまらない牛肉炙り寿司です。A5クラスの佐賀牛を使った肉寿司は、肉の旨味とさっと炙った香ばしさと、サシの乗りが良い感じ!ふんわりとろけるようなお肉とご飯の相性は抜群です!

肉寿司

お寿司とはいえ、やはりお肉。ひとつ食べ終わったあとにもうひとつ…となると、魚とちがってしつこさが多少残ります。そこでビームハイボールを飲むと…爽快感と共に口の中がさっぱりして、次の肉寿司を美味しくいただけました。

【第3位】肉広場:チキン南蛮ブラックタルタルのせ

Atcafe IMG 1990 Fotor

いよいよベスト3に突入です!第3位は、唐揚げに続く定番のチキン南蛮!みんな大好き!唐揚げにたっぷりのタルタルと粗挽き胡椒がのった、オイリーでスパイシー、カロリーMAXな作品でございます(笑)

見た目の通り、濃いめ&こってりとした味付けが後をひき、予想通りな感じでビームハイボールが良い仕事をしてくれて、チキン南蛮→ビームハイボール→ビームハイボール→チキン南蛮…という無限コンボが発動しそうです。

肉天国:肉天爆(ミート・テン・ボンバー)

肉天爆

第2位は、ローラさんも試食していたミート・テン・ボンバー!小さなハンバーグのような
肉団子を天ぷらにした一品!名前の通り一口食べると、中から肉汁が爆発して出てきます(笑)

カラッあげた天ぷらの中から出てくる肉汁の旨味。衣と肉が渾然一体となって口の中に押し寄せてきます…そこで登場するのがビームハイボール。まさに揚げ物に合うのを証明するかのごとく、良い仕事をしてくれました。

【第1位】肉CHIKA:焼すきやき

焼すき焼き

そして輝ける第1位は…以外と予想外な焼すき焼きでした。ブツ撮り用の盛り付けを見ると
、割り下(?)と卵が別に用意されていたので、お店では牛肉を焼いたものを提供し、食べる直前にタレと卵を付けて食べるかと思います。

焼すきやき

 

試食したときは、すでにタレと卵をからめてあったものをいただいたのですが…甘めのタレに卵がからまり、肉の柔らかさと濃厚な味が印象的でした。

揚げ物の香ばしさも魅力的ですが、適度に火の入ったお肉は、旨味も油も活性化されていて、ビームハイボールとの見事なマリアージュを奏でていました!

ビームハイボールとの相性を味わいたいのなら、ぜひオススメしたい一品です。

あんじゅの思うトコロ

数年前、いわゆるウイスキーを使ったハイボールが流行り、今では居酒屋さんでハイボールを見かけない方が珍しいぐらいですね。私も最近では、ビールではなくハイボールを頼む率の方が高くなりました。

ただし、ハイボールに使われるウイスキーはニッカウヰスキー、白角、トリスなどが多く、ジムビームを使ったハイボールが飲めるお店は、私のよく行く飲み屋さんではあまり見かけません。

メガハイ

ウイスキーも色々な味があり、料理やその日の気分によって飲み比べるのもアリだと思いますし、こういったイベントがきっかけでジムビームを含め、新しいお酒との出会いが広がるといいな…と思います。

最後に個人的ではありますが、ハイボールにレモンを多く入れすぎると、レモンの味が強くなったり、苦みを感じたりすることがあります。

なので、ビームハイボールを飲む時に、レモン少なめかレモン抜きも一緒にお試しすることをオススメします!

「渋谷ビームハイボール横丁」は今月25日まで!

提灯

ビームハイボールと美味しいお肉料理、そして生ローラさん&DJ TAROさんを拝見して、十二分に楽しめたイベントでした!

今月25日までの期間限定オープンなので、みなさんもぜひぜひ渋谷近くにお越しの際は「渋谷ビームハイボール横丁」に立ち寄ってみてくださいね(≧∇≦)

杏珠
以上、各メディアが書かれた発表会記事で使われている写真や動画に、私の姿が予想以上に映り込んでいて恥ずかしい…と思う杏珠でした。それではまた!

店舗情報

「渋谷ビームハイボール横丁」
東京都渋谷区歌川町13-8 ちとせ会館2・3F(渋谷肉横丁内)

関連リンク



お知らせ

Instagramを含む、料理SNSにも食関連の投稿を随時更新中!よろしければフォローしてみてくださいね(≧∇≦)

miil
Instagram
snapdish

The following two tabs change content below.
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。食と料理を通じて、コミュニケーションを楽しむ研究をする「食と心の研究家」として活動中。おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」の顧問も。 その他にはグラフィックデザイナーと、デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。
スポンサーリンク