【レポート】キッチン男子部PRESENTS 1杯目 「キッチン男子ってどうよ?」おもてなしトークイベントレポート!

先日行われた料理コミュニティ「キッチン男子部」の第1回目(1杯目)のイベントになる「キッチン男子ってどうよ?」おもてなしトークイベントが行われました。

初めてのキッチン男子部のイベントということもあって、部員二人+見習い一人の三人も、気合いをいれておもてなしをさせて頂きましたよ。

140905 キッチン男子部イベント002 001

さてさて、おもてなしを受けたゲストの女性陣は「キッチン男子」についてどんなトークをしてくれたのでしょうか?当日お出しした料理の写真をふり返りながらレポートしてみたいと思います。

詳細は以下に。

スポンサーリンク

今回のホスト役は?

今回は以下の三人がホスト役となっておもてなしを行いました!

150321 yuke miura

キッチン男子部部長 三浦ユーク

俳優・マジシャン・盛り付け研究家


150321 anju

キッチン男子部顧問 杏珠(あんじゅ)

「食と心」の研究家・デジタル寅さん・グラフィックデザイナー


150321 suda

キッチン男子部 須田くん

某通販会社勤務・米農家出身の米好き男子


30代女子が「キッチン男子」をズバっと斬る!

イベント当日のゲストは、30代の仲良し三人組の女性にお越しいただき、お三方それぞれが違う業種で、食べるのが好き、料理はたまにやるぐらいとのことでした。

全員が揃ったところで、乾杯の後、食事をしていただきながら、30代女子のホンネをちょこっと覗かせていただきましたよ!

30代女子が思う「キッチン男子」のイメージは?

色々お話を聞いて、キッチン男子部が気になった内容をピックアップしてみました。聞いてみた内容の解説をふまえながら見ていきたいと思います。キッチン男子、もしくはこれからキッチン男子になる人は必見の内容かもしれませんよ?

料理が出来る男性はステキ

これはゲストの三人ともおっしゃっていたことで、料理は女性だけがやることではなく、男性もやってもらってもいいし、料理をさらっと作ってくれるのは、とても魅力でステキなポイントだということです。

美味しい料理を振る舞われたら、男女関係なく尊敬できる

これはキッチン男子にかかわらず、美味しい料理をもてなすということは「ゲストをもてなしたい」というホスピタリティが高いということです。そうされることで、料理を作ってくれる人を尊敬してしまうとのこと。確かに美味しい物を食べると、人間って幸せな気分になりますよね(*´∀`*)

料理男子から料理を教わるとき、女子はココを見ている!

料理には興味があるけど、あまり作ったことがない。機会があれば料理を覚えたいとは思っているそう。もし料理を男性から教わる場合、男性の包丁さばきなどの調理過程での仕草が、男性なのに繊細な部分でもあり、魅力的に見える…とのこと。女子はこんなところを見ているのですね(*´∀`*)

美味しい料理を作る男子は「●●」を知ってる

美味しい料理を作るということは、食べることに興味を持っているから、色々な飲食店に行って、知識も豊富な人が多い…とのこと。なので、飲み会などのお店のチョイスやデートで頼りになるらしいです。

自分の知らない料理や、料理情報を教えてくれる

自分が普段食べることのない料理を教えてくれ、新しい料理を食べるきっかけになるので、いつも新鮮で「食べてみたい!」と楽しい気持ちになるとのこと。
ただし、うんちくが止まらなくなるとウザく、好きなのは分かるけど、押し付けはしてほしくないというのがホンネらしいです(笑)

料理の話題で盛り上がってる料理男子は「●●」

料理男子が料理の話題で盛り上がってる姿は、子供みたいでかわいいとのこと。純粋に楽しむ姿は、料理に限らず母性本能をくすぐるのでしょうかね?(笑)

「●●」までする人がキッチン男子

料理を作ってくれるのはいいんだけど、作りっぱなしで後片付けをしてくれないと興ざめと感じているそう。料理は作るだけでなく、片付けまでやるのが女子にとっては「キッチン男子」らしいです(笑)

キッチン男子部のおもてなしの様子

今回、キッチン男子部のおもてなし担当は、キッチン男子部部長のユーク氏と部員の杏珠、そしてイケメン見習い部員の須田君の三人でおもてなしをさせていただきました(*´∀`*)

あんじゅとゆーく

すだくん

おもてなしの料理の数々

鶏野菜003

今回お出しした料理は全部で6品。それぞれの担当がゲストのために心を込めて料理を作りました(*´∀`*)

【一品目】二種のディップでいただく温野菜バーニャカウダ

部長のユークが担当したバーニャカウダです。温野菜を、スタンダードなものとジェノバソースを混ぜた二種のディップを添えてお出ししました。

バーニャ003

ゲストの感想

「やっぱり野菜は美味しい。温野菜だと生より沢山食べれていいよね。」

【二品目】彩る薫り二種の蒸し鶏

杏珠が担当した蒸し鶏です。ごま油と醤油ベース、五香粉と山椒をベースにした中華風の二種類をお出ししました。

チキン004

ゲストの感想

「胸肉ってヘルシー。山椒が効いてて美味しかった。」

【三品目】ホタテとカブとタコのカルパッチョ

蒸し鶏に続き、杏珠が担当したカルパッチョです。ちょうど生きの良いホタテとタコが手に入ったので、ホタテと同じぐらいの大きさのカブと大きさを揃えて盛りつけしてみました。お酒に合うように少し塩味を効かせたのがポイントです(*´∀`*)

カルパッチョ000

ゲストの感想

「きれいー。絵画みたい。」

【四品目】合鴨と茄子の焼きびたし

部長のユークが担当した合鴨と茄子の焼きびたしです。鴨が茄子背負ってやってきました(・ω´-ゞ)意外と相性良しな組み合わせ!アクセントの焼き銀杏で秋を演出してみました!

鴨なす000

ゲストの感想

「鴨って初めて食べた!美味しいー。ナスと合うー。」

【五品目】土鍋で炊く鯛ご飯&鯛茶漬け

ご飯のうまさに目覚め、炊飯器を捨てた見習い部員の須田君渾身の土鍋ご飯です。鯛のうまみがご飯に染みこんで、お焦げもお茶漬けもウマウマな一品でした(*´∀`*)

土鍋ご飯000

ゲストの感想

「すごーい!土鍋ご飯久しぶりに食べた!おこげも美味しいし、お茶漬けあったまる。なんかほっとするね。」

【六品目】ナッツ!ナッツ!ナッツ!のカボチャプリン

最後はデザートってことで、プリンをお出ししました。カボチャを蒸してから裏ごしをして、牛乳と卵、黒糖を混ぜて蒸しました。仕上げにアーモンドとカシュナッツを粗く砕いたものをのせて、カラメルをかけてできあがりです(≧∇≦)

かぼちゃ000

【番外編】ジャガイモと玉ねぎのポタージュ&お漬け物

口直しにジャガイモと玉ねぎ煮てからミキサーにかけて、牛乳で伸ばしたポタージュと、塩ヨーグルトで漬けたキュウリとカブの葉っぱのお漬け物も提供しました(*´∀`*)

スープ000

ゲストの感想

「え?これ、ぬか漬けじゃないの?言われないと分からないかも!」

これからのキッチン男子部は何処へ行く?

キッチン男子部の初回のイベントが無事に終了しました。ゲストにも喜んでいただいたようで、なによりでした(≧∇≦)

今後はキッチン男子部に興味をもってもらい、ひとりでも料理の楽しさと、おもてなしの醍醐味、そして料理を通じて、すてきなコミュニケーションが生まれる活動をしていきたいと思います。

もし、料理に興味のある男子がいらっしゃいましたら、自薦他薦は問いませんので、ぜひぜひキッチン男子部のほうにご連絡くださいませ(≧∇≦)

次回のイベントは?

公式に募集はしていませんが、秋の自由研究と称して、来週の水曜日にキッチン男子が集まって、色々な食材を燻製してみる「燻製部」をしてみたいと思います!

「こんな燻製がオススメです」「これ、燻製にしてみてください」といったことを思いついたら、ぜひぜひ教えて下さいねヽ(=´▽`=)ノ

キッチン男子部へ問い合わせがしたい!

キッチン男子部は、食に関するイベント(出張料理・ケータリングなど)や商品開発の企画・立案のご依頼やご要望を随時承っています。 以下の申込みフォームにて、お気軽にお問い合わせください。申込み確認後、折り返しメールをお送りします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名 (必須)

問い合わせ内容 (必須)

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければ左のチェックボタンにチェックを入れてから、以下の「送信ボタン」を押してください。

過去のキッチン男子部イベントレポートバックナンバー

過去に行われたキッチン男子部のイベントの様子は以下からご確認いただけます(*´∀`*)


ランキングに参加しています(*´∀`*)
ポチッと応援お願いします♪
140620 yajirushi
The following two tabs change content below.
1972年生まれ・東京都八王子出身。食と料理を通じて、コミュニケーションを楽しむ研究をする「食と心の研究家」として活動中。おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」の顧問も。 その他にはグラフィックデザイナーと、デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です