揚げないコロッケ?とろけるヘルシーカレーコロッケ【ある日のカフェ飯:017】

ポテサラ

お腹にたまるヘルシーなコロッケを考えた末、ポテトサラダに食感のある衣をまぶしたコロッケを作ってみました!


作り方

  1. ジャガイモを輪切りにし、玉ねぎを細切りにして重ね煮をします。
  2. マッシャーでつぶしてから、豆乳をくわえて、柔らかく伸ばしたポテトサラダを作ります。
  3. その周りにコロッケの衣に見たてた、カレー粉、野菜ブイヨンパウダー、オニオンパウダー、ナッツとおせんべいを砕いたものをまぶします。

ごちそうさまでしたっ(≧∇≦)

ここがポイントっ!

この当時(二年前)は、ローフード検定二級の合格をした直後で、重ね煮のことを知ったときだったんです。なので、料理をするときは、できる限りローフードと重ね煮の考え方を取り入れた料理を作りたかったんですね。

ポテサラ

ローフードだけにこだわらない考え方で、でも、美味しくて面白い方法はないかと試行錯誤した結果、お煎餅とナッツを砕いてまぶして、カリッと感を出しました。味付けもパウダー系をまぶすことで、表面が乾いた感じにさせています。

重ね煮にしたポテサラの残りの材料は、豆乳をいれて伸ばして、ジャガイモのスープとしてお出ししました。

重ね煮とポタージュ

自炊コラム「ビキニ娘」

私の住んでいる中野駅界隈には、飲み屋さんがたくさんあります。飲食店のサポート業務をしていることもあって、時間があれば飲食店の看板や内装、メニューなどのリサーチをしているんですが、とあるお店のメニューにこんなことが書かれていました。

「はじけて万歳!ビキニ娘」

ん?んん?これはお店のネタ?でも「青森・純米」って書いてるし…それを友達に話したら調べてくれて、写真を送ってくれまして…ああ、ホントにありました。マジですか?(笑)

33442

ビキニ娘以外にも、なにやらどうやらすげえパッケージとネーミングのお酒が(笑)改めて調べてみて、Tokyo Experimentさんの記事によると、青森の三浦酒造という所で作っている純米発泡酒らしく、今年去年に出たお酒じゃないとのこと。飲みやすくてアルコール度15%ですって…ある意味、危険な娘だぞ、こりゃ(笑)

なんとビキニ娘には…

NOMOOOさんの記事によると、どうやらビキニ娘以外には、こんなシリーズ展開をしているらしいです(笑)

ちなみにこれ、シリーズがあって「ビキニ娘」(ラストサマーバージョンもある)、「裏ビキニ娘」(清酒スパークリング)と「辣味娘(からみむすめ)」と白無垢を着ている「モヒカン生娘」というお酒があります。ラベルの娘は全員同一人物です。コンセプトは「綺麗なバラには刺がある」だそうですが、バラの花よりも刺の割合多くないか?と思ってしまいました。

via: 思わず吹き出す?!ネタとしていかが?ユニークな日本酒ラベル特集 | NOMOOO(ノモー)

コンセプトの「綺麗なバラには刺がある」…やばい、飲みたくなるじゃないですか(笑)

取り扱いは、中野で知る人ぞ知る酒屋「味のマチダヤ」で販売しているとのことなので、今度のぞきに言ってみようと思います(*´∀`*)

関連リンク

豊盃 ちょっとはじけた裏ビキニ娘 純米発泡酒生 | Tokyo Experiment
純米酒だからそりゃ甘いのは当然なんだけど、しつこくないのはやはり夏向けの酒って事ですね。そしてプチプチシュワ~っとした爽快感はこれぞ発泡酒の特徴で、喉の中に爽やかな風が舞い込んでくるのです。つかこりゃ …
味の感想など書かれてますね(๑′ᴗ‵๑)
思わず吹き出す?!ネタとしていかが?ユニークな日本酒ラベル特集 | NOMOOO(ノモー)
インパクトたっぷりのラベル「モヒカン娘」反抗期真っ盛りムード全開なこのラベル!和服で金髪モヒカン娘の人生に一体何があったのか・・・・ ス○バン刑事?!と勘違いしていまいました。 …
コメントが昭和(笑)
デカンショ日本酒の会  新着酒:ちょっとはじけた裏ビキニ娘・ひと夏の恋・錦郷
四つ折りの左上部分が見えていた訳なのですが、「ちょっとはじけた裏ビキニ」「注意事項」「お子様に注意」とか、知らない人が見たら何を買ったんだこいつ的な感じになりませんかね~ …
確かに何を買ったのかって気になる(笑)
ようこそ味ノマチダヤへ
中野にある知る人ぞ知る酒屋さんです(≧∇≦)

ランキングに参加しています(*´∀`*)
ポチッと応援お願いします♪
140620 yajirushi

The following two tabs change content below.
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。食と料理を通じて、コミュニケーションを楽しむ研究をする「食と心の研究家」として活動中。おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」の顧問も。 その他にはグラフィックデザイナーと、デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です