2016年、今年も冷やし中華はじめました!ゆずぽん酢仕立てのサラダ冷やし中華【ある日のカフェ飯:043】【PR】

タイトル

前々回前回に引き続き、レシピブログさんのモニター企画「サントリー クラフトセレクトAmazon引き換えクーポンプレゼント」3種類のクラフトビールの飲み比べレポートの第3弾を発表します!

今回はCoolなイメージを彷彿させるブルーのパッケージ、ペールエール!さてさて、飲み比べ最後のクラフトビールはどんな味なんでしょうか?そして、ペールエールに合う冷やし中華とは?

ささっ、続きをご覧下さいませ!

スポンサーリンク

ペールエールとは?

今回も、サントリーさんのサイトで、ペールエールはどんな風に書かれているかを確認してみました。

2本でも広く飲まれている人気のスタイル。
北米産のホップを使用した、
柑橘系の爽やかな香りが特長のエール(上面発酵ビール)。
特に「アメリカンペールエール」を参考にしています。

via:PALE ALE <ペールエール> 製品情報|CRAFT SELECT <クラフトセレクト>|クラフトビール サントリー

ヴァイツェン、ゴールデンエールと続き、今回はペールエールを飲んでみました。ああ、これはたしかに、普段飲んでいるビールのような、なじみ深い苦みを感じます。

マップ

(参照元:製品情報|CRAFT SELECT <クラフトセレクト>|クラフトビール サントリー

香りのほうは、今回の3種類の中で一番バランスがとれていると思います。普段、発泡酒を飲まれてる方なら、このペールエールが一番しっくり来るかもしれません。

実はペールエール、料理を作る前に試飲してて、これは絶対に冷やし中華に合うって思ってたんです。

ただ、冷やし中華のタレが米酢ベースだととんがりすぎてるような気がしたので、ゆずぽん酢ベースのタレで作ったら…うん、正解!まろやかさがいい感じにマッチしました!

作り方

準備に取りかかるまえに、先に特製ポン酢ベースタレを混ぜておきます。

材料 分量
ポン酢 大4
大1
砂糖 大1
大1
ごま油 大1

1大根と人参、きゅうりは麺菜機で麺状に、にんじんは塩を振って軽く揉んでおきます。

大根ときゅうり

2卵をひとつ割ってといておき、フライパンで錦糸卵をつくっておきます。

トマトと錦糸卵

3ミニトマトは輪切り、水菜は葉の部分をのこして切り、ハムは短冊切り、万能ネギの先を飾り付けように70mm程度カットしておきます。

材料

4水菜、大根、にんじん、錦糸卵、ハムの順番で、皿の中心に積み上げていき、周りにアルファルファを盛りつけます。輪切りのトマトに盛りつけ用の万能ネギをのせ、等間隔にピンクペッパーを置きます。

5乾麺の中華麺を茹でてから、よく水を切って、ごま油を入れて麺同士がくっつかないようにしておきます。

6麺を外周にそってぐるりと回し、特製ぽん酢ベースのタレをかけて完成です!

冷やし中華

もうがっつり混ぜて食べちゃってくださいって!ペールエールもおかわりしていいですから!

ごちそうさまでしたっ(≧∇≦)

あんじゅの思うトコロ

ビールタワー

これでクラフトセレクト3種飲み比べ&料理記事は終了です。いやー、一週間ぐらいずっとクラフトビール漬け(笑)

クラフトビールを飲むのって、旅行など、普段と違ったシチュエーションで飲むケースがほとんどで、日常的に飲む機会はありませんでした。

でも、今回飲み比べることで、ビール、発泡酒に続く、もうひとつの選択肢としての地位が築けたんじゃないか?と。

しかも、ペールエールは一年を通して飲めるとのことなので、ペールエールを気に入った方は嬉しいのではないでしょうか?

裏話になりますが、先日「今年もアイツがやってきた!「冷やし中華前線2016」が発表されています!」という記事を書きました。

実はこれ、ペールエールを飲んだあと、冷やし中華のことを調べて知ったので記事にしたんです。まあ、何がきっかけで面白いコトに繋がるかわかんないですよね(笑)

箱

日本酒もワインもそうですけど、お酒の飲み比べはホント楽しい!ぜひぜひクラフトセレクト 3種セットの飲み比べ、オススメしますよ!

杏珠
以上、サントリー クラフトセレクト3種飲み比べ記事をお届けしました!それではまた!



お知らせ

Instagramを含む、料理SNSにも食関連の投稿を随時更新中!よろしければフォローしてみてくださいね(≧∇≦)

miil
Instagram
snapdish

The following two tabs change content below.
1972年生まれ・東京都八王子出身。食と料理を通じて、コミュニケーションを楽しむ研究をする「食と心の研究家」として活動中。おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」の顧問も。 その他にはグラフィックデザイナーと、デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。
スポンサーリンク