牛タン焼きとすき焼きでひとり立ち飲み【ある日のカフェ飯:030】

すき焼き

友達から「近所にできたスーパーで牛肉中心にお肉が半額になってるから行ってみー」って、聞いたので、チャリンコでこぎこぎして、お肉をゲットしてきました(≧∇≦)

どうやって食べようかな…と思ってたら、なんか普段食べないようなことをして食べようと思って、立ち飲みスタイルで、すき焼きと牛タン焼きを食べてみました。

立ち飲みなら、まずは飲み!

晩ご飯を食べるつもりで作るのと、飲み中心で作るのとでは、手順も気持ちも変わります(笑)今回は立ち飲みということで、まずは軽くビールを飲みながら、すき焼きの材料をカットして、牛タンのネギダレを作ります。このとき、すでに1本目のビールは空になっているのは致し方ありません(笑)

すき焼きの準備ができたら、タンを焼きはじめます。焼きすぎてもジューシーさに欠けますし、あまり生過ぎるのも好きではないので、頃合いを見て両面を焼いて、ネギダレをのせて完成です!

牛タン焼き

これをつまみに、ビール2本目に突入です!Go!Go!

ステンディングSUKIYAKI

牛タンを食べ終わったら、すき焼きに取りかかります。飲んでいる時は、細かい作業や段取りがめんどくさくなるので、全部一通り鍋で作っちゃってから、一気に鍋→酒→鍋→酒…のルーティン業務に取りかかります!

すき焼き

▲鮮やかなピンク色!食べる前からそそられます(≧∇≦)

敢えて座らず、立ちながらすき焼きを食べるのが、今回の目的。汗をかきながらガンガン飲み食いしてフィニッシュです(≧∇≦)

ああ、この満腹感、たまりませんな!

半額

▲よくよく、買った時の写真を見たら…あ、これ、A5の和牛だったんだ…どうりで美味いわけだ(笑)

作り方

牛タン焼き

  1. みじん切りのネギとごま油、塩、コショウ、レモンをすべて混ぜてなじませておきます。
  2. 牛タンは両面をフライパンで焼きます。
  3. 焼いた牛タンの上に、ネギダレをかけて完成!

すき焼き

  1. 長ネギを焼いて、焦げ目がついたら牛肉を入れて間接的に火を通します。
  2. うっすらピンク色になったら、割り下を入れます。
  3. 白滝がお肉にあたらないようにして、エノキと焼き豆腐をいれて壁を作り煮込みます。
  4. 小皿に卵を入れて溶いておき、あとはガツガツ食べます!

ある日のいんすたさん


友達に勧められて飲み始めたピルクル、濃いピルクルという新商品が出てました。うは、プレミアムテイストって書いてる!(笑)お味の方は…あ、はい、次回はないかな、と(笑)

こればっかりは好みですから、ご自身の舌でお試し下さいませヽ(´ω`*)ノ♪

Instagramを含む、料理SNSも随時更新中!よろしければフォローしてみてくださいね(≧∇≦)

miil
Instagram
snapdish



ランキングに参加しています(*´∀`*)
ポチッと応援お願いします♪
140620 yajirushi

The following two tabs change content below.
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。食と料理を通じて、コミュニケーションを楽しむ研究をする「食と心の研究家」として活動中。おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」の顧問も。 その他にはグラフィックデザイナーと、デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク