「a+cafe」(あとカフェ)とは?

「a+cafe」(あとカフェ)は、食と料理を軸に、ほっこりしたコミュニケーションと幸せを感じる「場」を提供する活動を行うプロジェクトユニットです。

プロジェクト名の由来

プロジェクト名の由来は、「a+cafe」プロジェクトユニットの代表である杏珠(あんじゅ)、もしくは「あなた」や「あなたたち」と一緒に飲食(Cafe)とコミュニケーション(交流)を楽しもう…というコンセプトから、頭文字の「あ」+「cafe」と足して「a+cafe」(あとカフェ)というプロジェクト名にしました。

140623 atcafe 001

「a+cafe」プロジェクト設立の経緯

私は実家の母が料理屋をやっていたこともあり、料理に関して昔から興味がありました。(詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。)

その興味からふつふつとある思いが膨らんできました。それは『「食」や「料理」は、ほっこりしたコミュニケーションを生み、人を幸せにすることができる』ということを表現したい!ということでした。

食べ物をただ摂取するだけでなく、おうちご飯や飲食店、飲み屋さん、イベントでの飲食や、様々な料理、スイーツ、お酒といった「食」に関わることを通じて、美味しくて楽しい食事ができて、ほっこり幸せになるようなコミュニケーション(交流)ができるような「きっかけ」を作りたいと思ったんです。

そういった思いをカタチにして届けたい!と思い、このたびフードプロジェクトユニット「a+cafe」(あとカフェ)を立ち上げることにしました。

食事をする(食べる)側だけでなく、飲食店や食に関わる人が生み出す、心や思いがつまった「料理」という作品を紹介させていただき、そこに新しい絆や場を作ることも同時にやっていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
1972年生まれ・東京都八王子出身。食と料理を通じて、コミュニケーションを楽しむ研究をする「食と心の研究家」として活動中。おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」の顧問も。 その他にはグラフィックデザイナーと、デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。
スポンサーリンク