「お裾分け」文化で繋がる縁。いただいたり差し上げたり…そして味わったり(笑)

タイトル

先日、友人かららっきょうのお裾分けをいただきました。

ピクルスが大好きな私としては、らっきょうの甘酢漬けを漬けずにはいられなく、夜中の1時にらっきょうを漬けてしまいました(笑)

お裾分けっていいな…ってふと思ったので、最近作ったお裾分けの2品を紹介します。

スポンサーリンク

「お裾分け」というすばらしい文化

実家や友人から大量に食べ物をもらったり、食べきれないほどの料理を作ってしまったときに、ご近所さんや友人にお裾分けとして配ることがあります。

食べきれなくて、腐らして捨てちゃうのももったいないし、喜んでもらえるならいいじゃないですか?そういう意味でも、お裾分けって言い文化だと思うんですよね。「おすそわけ」っていう語呂や発音もかわいいし(*´∀`*)

らっきょうの甘酢漬け

らっきょう

生らっきょうをお裾分けしていただいたので、私の大好きならっきょうの甘酢漬けをつくりました。作りましたと言っても、粒の大きいものもあったので、中まで浸かるのに半月から一ヶ月ぐらいかかるかなぁ…と。

らっきょう

まぁ、小さいモノからちまちま食べていくことにします。

牡蠣のオイル漬け

牡蠣のオイル漬け

こちらはお裾分けしていただいたのではなく、お裾分けさせていただいたものです。加熱調理用の生牡蠣が特売で買えたのはいいけど、これは一人で食べきれる量じゃないって思ったので、仲良しの友達にお裾分けしました。

牡蠣

一ヶ月ぐらい持つ…んですけど、いつもガマン出来ずにだいたい一週間ぐらいで食べちゃうんですよね(笑) お裾分けした友達も喜んでいただけたようで、作ってよかったって思いました(*´∀`*)

牡蠣

▲もう海の香りがキッチン内にひろがります(*´∀`*)

あんじゅの思うトコロ

以前、アテ研で料理を作っていた時のことです。 ユーク部長に「杏珠さんって甘酸っぱい味付け好きでしょ?」って言われたんですよ。ああ、そういえばピクルスも甘酸っぱい味付けが好きだし、南蛮漬けも甘酸っぱいのが好きだわ。自分の好みって、分かっているようでわかってないんですよね(笑)

ちなみにカレーの付け合わせは、福神漬けよりもらっきょう派です。…なんて言ってたら、カレーが食べたくなってきた!(≧∇≦)

杏珠
以上、辛いの苦手だけど、大久保のカレー屋さん 魯珈(ろか)はハマりそう!な杏珠でした。それではまた!

関連記事



お知らせ

Instagramを含む、料理SNSにも食関連の投稿を随時更新中!よろしければフォローしてみてくださいね(≧∇≦)

miil
Instagram
snapdish

The following two tabs change content below.
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。食と料理を通じて、コミュニケーションを楽しむ研究をする「食と心の研究家」として活動中。おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」の顧問も。 その他にはグラフィックデザイナーと、デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。
スポンサーリンク