【NZプロジェクト:021】焼大根で作る「しみしみ」な肉大根

タイトル

正月に食べ過ぎたとかではなく、なんだか胃疲れをしていて、しばらくNZプロジェクトから遠ざかっていたが、ちょっと回復したので再開。

復活第一弾に食べたかったものがあった。それは、香ばしい香りがたまらない肉大根である。

スポンサーリンク

煮た大根を焼く

圧力鍋で煮込んだ大根を冷ましたあと、両面をこんがり焼き、タレを煮詰めるようにして作った肉大根。

柔らかい肉も大根も美味しいが、焼き目を付けた香ばしい香りも大好きだ。どちらにしても、美味しくできた肉大根に、のどごしが合わないワケがないのだが。

大根ご飯

面取りを大根の端っこと、大根を煮るための出汁につかった昆布を刻み、全部炊飯器に突っ込んでできあがった大根飯も一緒にいただいた。ああ、日本人に生まれてきてよかったと思う瞬間である。

ごちそうさまでした。

次回予告

現在の獲得ポイントは113ポイント。サーバー獲得まで残り7ポイント。

次回「ハーブ漂うハツのオーブンスパイスフェスティバル開催

絶対もらえるキャンペーン終了まで、あと44日。



お知らせ

Instagramを含む、料理SNSにも食関連の投稿を随時更新中!よろしければフォローしてみてくださいね(≧∇≦)

miil
Instagram
snapdish

The following two tabs change content below.
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。食と料理を通じて、コミュニケーションを楽しむ研究をする「食と心の研究家」として活動中。おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」の顧問も。 その他にはグラフィックデザイナーと、デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。
スポンサーリンク